FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

猪熊弦一郎現代美術館

IMG_4371.jpg
猪熊弦一郎現代美術館のアプローチ 建物のスケールとは対象的に数奇屋建築を

思わせる低い軒 この低い軒をくぐるとすぐに大きな白い吹き抜けの展示室

に入ります。メインの吹き抜け空間をぐるぐる回りながら展示室をめぐります。

IMG_4375.jpg

展示室を抜け屋上には滝があります。(あまり目立たないですが)

実はこの建物巨大な河の物語で、この滝が大階段を下りアプローチの広場に流れて

いく構成になっています。そして最後には下の巨大なヤドカリ広場に流れ着きます。

(大階段と広場には、水は流れていません あくまでもイメージです。)

IMG_4376.jpg

大階段から漏れる光がなんとも美しい。


実はこのあたり現代美術があつい

猪熊弦一郎現代美術館から瀬戸内海をはさみ

直島アート(安藤忠雄)に犬島アート(元精錬所)

があります。ぜひ行ってみてください。


猪熊弦一郎現代美術館 http://www.mimoca.org/
ベネッセアートサイトhttp://www.naoshima-is.co.jp/

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。│ジャンル:学問・文化・芸術
デザイン インテリア 建築 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/07/29(火)10:01

コメント

ブログ拝見したので足跡を残していきます。
コレキレ丸山です。

主人の実家が丸亀ということもあり、
何度かこの猪熊弦一郎現代美術館の前を通り過ぎているのですが、中に入ったことはなく・・・

また父方の祖母が直島出身でもありまして、この日のブログ、他人事ではない!と思ってしまいました(笑)

直島へは、ベネッセができる前しか行ったことがないので非常に!行きたい島でありまして。
なんなら、直島に移住する?と考えたことも(笑)

学生のころから美術の点数が引くかった私は、アートの才能が全くなく、現代アートはほぼ理解できないのが目に見えてますが、うちの娘はそうならないよう、いろんなものを見て触れて心を豊かにしてくれればなと思っている今日このごろです。

とりとめないコメントですが、ブログ楽しみにしています!

2008/09/16(火)17:40| URL | コレカラキレカラ #- [ 編集]

コメントありがとうございます。

あまり知られていませんが、猪熊弦一郎現代美術館を設計された
谷口 吉生氏は、安藤忠雄と並ぶ作品を作られている建築家です。
あまりマスコミにもでず、自分の作品を語らない古風な方みたいです。

日本を代表する建築家の作品なので、ぜひ見てください。


画像が表示されない状態で、申し訳ありません
また復旧したら見に来てくださいね。


2008/09/16(火)21:11| URL | designbacks #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

designbacks

Author:designbacks
京都にて
design office を主催する
デザイナー 

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


にほんブログ村 デザインブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。