FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

野又穣/沈思する建築

野又

野又さんは、デザイナーから画家に転向し、数々の独創的な建築絵画を発表されています。

建築的にかなり魅力的で、このまま建築しても破綻が無いくらい洗練されているように思います。

もし、何の予備知識も無く見れば、イタリア人建築家のプランニングかと誤解しそうです。


 建築の絵画的表現と言えばフランスのエコール・デ・ボザールが思い浮かびますが、

(フランス王立アカデミー)

あらためてボザール建築図集も合わせてながめながら、野又作品がなぜ魅力的なのだろうと

考えるとボザールが、絵画彫刻アカデミーを範として創設され、また建築家が、絵画の技法を基に

建築的表現を獲得して行った経緯を考えると 建築家が、捨てていった表現と建築的命題に

野又作品の魅力が隠されてるように思えます。



声高にただ美しいものを作りたいと言いにくい時代ですが、ただ美しい絵画、音楽、建築

デザイン素晴らしいと思うのですが....。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/06/17(金)21:44

«  | HOME |  »


プロフィール

designbacks

Author:designbacks
京都にて
design office を主催する
デザイナー 

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


にほんブログ村 デザインブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。